ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
 
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

 
shareEDGE アプリケーション データベース

shareEDGEアプリケーション データベースは、Microsoft Windowsに関わるアプリケーション モジュールの情報をサービスとして提供しています。

ウィルス、ワーム、ボット、スパイウェア、マルウェア、トロイの木馬、 さらにルートキットなど限りなく進化する新たな脅威からコンピュータを守るために、 知りうる限りのアプリケーション データをここに集めました。 いつの間にかインストールされた知らないプログラムを確認するためにご利用ください。
データの内容などに関しては、ご自身でも確認しながら活用してください。

必要 必要
これらのプログラムをWindowsスタートアップで残しておくことを強くお薦めします。参照 >>
オプション ご自身の判断で
これらのプログラムを実行したままにするかどうかはご自身の判断次第です。参照 >>
不用 不用
不用なプログラムは、システムの動作性能を低下させる原因となります。自動開始では停止することを推奨します。 参照 >>
危険 危険
トロイの木馬、ウィルス、ワームです。削除してください。参照 >>

データベースの照会: (検索するプログラム名、ファイル名を入力してください。)

mspmspsv (Webで検索)

ご自身の判断で

説明
Mspmspsv (Microsoft Premessage Security Protocol Service) は、Media Player 7 とともにインストールされる Microsoft システム サービスで、SDMI (Secure Digital Music Initiative) の規定をサポートするために使用されます。なお、SDMI とは音楽メディアを扱い方を策定している団体です。 Media Player コンポーネントの一部で、メディア ファイル (たとえば、MP3) に対して DRM (デジタル著作権管理) を適用します。
セキュリティの更新プログラムについては、Microsoft サポート技術情報の記事 Q320920 (http://support.microsoft.com/kb/320920/ja) を参照してください。Mspmspsv サービスの使用は任意ですが、セキュリティ上の理由で無効にしておくことをお勧めします。DRM コンテンツの再生中に問題が発生した場合は、再び Mspmspsv を有効にしてください。
MD5チェックサム
最終変更日
2006/02/22 (Wed)

shareEDGE アプリケーション データベースのメンテナンスにご協力ください。

  • このプログラムに関するあなたのご意見を追記することができます。
  • 登録されたデータベースはすべての人が参照することができます。
  • 安全性を確保するために、shareEDGEメンバ登録された方のみが、データベースへの登録が可能になります。

  • ユーザ登録は、こちらをクリックしてください。ユーザ登録
 

Powered by Powered By Greatis Software

シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.