ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
 
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
 ユーザーメニュー

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

ブラックリストについて
スパムメール対策用のブラックリストは一般的にrblとかdnsblと 呼ばれるものが主流で、これらは予めスパム発信元のIPアドレスをリストアップしておき、DNS経由でクライアントにこれらの情報を配布します。 shareEDGEのブラックリストもこれらと同じ方式で提供されます。

クライアントはDNS経由でこれらのブラックリストに問い合わせを出し、問い合わせたIPアドレスがリストアップされていた場合は、そのメールをスパム メールとみなし、適切な処理をおこないます。現在、多くのメールソフトやメールサーバが、ブラックリストを参照するための機能に対応しており、 shareEDGEで扱っているタイトルでは、スパム対策ソフトのChrysanth Mail Managerが対応しています。是非ともChrysanth Mail Managerを一度お試しください。

Chrysanth Mail ManagerでshareEDGEブラックリストを使用する場合は以下をご参照ください。


Chrysanth Mail Managerでの設定

Chrysanth Mail Managerを起動し、メニューから[設定]->[DNSBLサーバ]を選択します。




[追加]をクリックします。




各項目に下記のように入力して、[OK]をクリックしてください。




以上で設定は終了です。
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.