ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
キーワード検索
  shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
マルチメディア

shareEDGEお勧め

shareEDGEサービス

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

マルチメディア製品最新情報
AKVIS プラグイン
マルチメディア
shareEDGE マルチメディア グループ内の製品に関するFAQを参照することができます。
よくある質問
shareEDGE マルチメディア グループ内の製品に関するFAQです。その他FAQは、[よくある質問]を参照してください。
その他ご質問は、各製品の説明ページにあるお問い合わせボタンからお気軽にお問い合わせください。
shareEDGEサイトに関して
製品サポートに関して
製品の購入について
ライセンスのアクティベーション方法
製品FAQ - PodCopy/iPodCopy
製品FAQ - Spb Mobile DVD
製品FAQ - AKVIS社の製品について
製品FAQ - AV Voice Changer
製品FAQ - AV Music Morpher Gold
製品のアップグレードについて
製品FAQ - Moyea製品
製品FAQ - AV MP3 Player Morpher
製品FAQ - AV DVD Player - Morpher
製品FAQ - AV Webcam Morpher Pro
製品FAQ - TouchCopy
製品FAQ - Need4Video
製品FAQ - Artensoft Photo Mosaic Wizard
製品FAQ - AKVIS製品
製品FAQ - LyfieEye

Q. [操作方法に関して] VCSをオンラインゲームで使用する - Second Life
VCSの新しいバーション7.0以降のバーチャル オーディオ ドライバ(VCS VAD)は、本当のオーディオ ドライバの役割を果たします。すべてのVoIPアプリケーションやインスタント メッセンジャ(音声アプリケーションを含む)によりデバイスが検出され、オーディオ デバイスの別のオプションとして表示されます。ゲーム中に音声チャットを含むオンラインゲームについても、同様です。そのようなアプリケーションについてVCS VADを有効なドライバとして設定した場合、VCSは音声電話や音声コミュニケーション(チャット)の音声などを自動的にキャプチャ、処理を行います。

このセクションでは、人気の高いオンラインゲームであるSecond Lifeの音声クライアントとVCS 8.0を使って音声チャットを行なう方法を説明します。

ゲーム中に音声チャットを含む他のオンラインゲームについても、VCSを主な音声変換モジュールとして使用する際の設定方法は同じです。

Second Lifeについて:
Second Lifeは、Linden Labが2003年に開発し運用を開始したバーチャルな世界で、インターネットを介してアクセスできます。無料のクライアント プログラムのSecond Life Viewerにより、ユーザ(レジデントと呼ばれる)同士のやり取りが可能になります。レジデントは、他のレジデントを探したり、会ったりでき、社交的付き合いや個人/グループ活動への参加、バーチャル アイテムの作成/トレードをお互いに行なうことも世界中を旅することもできます。
ベーシック アカウントは無料で取得できますが、より高度なテクニカル サポートは有料にて受けることができます。
Second Lifeには、ユーザのPC上で実行されるビューア(クライアントとも呼ばれる)とLinden Labが運営する数千ものサーバも含まれています。Linden Labは、Microsoft Windows 2000、XP、Mac OS X、Linuxに対応したビューアを提供しています。Second Lifeの詳細については、Webサイトをご覧ください。

注:
・このチュートリアルは、VCSのバージョン7.0と8.0にのみ当てはまります。
・このチュートリアルは、VCS 7.0と8.0のすべてのエディションについて当てはまります。
・このチュートリアルは、Voice Changer Software Diamond8.0とSecond Lifeを使用して作成されました。
Voice Morpher機能を使用した音声変換方法とVCSの他の音声変換機能について知っている必要があります。


Second Lifeをインストールし、コンピュータへのセットアップが正常に行われていることが必要です。詳細については、Webサイトをご覧ください。

ステップ1: VCSをVADモードに切り換え
 VCSメインパネルの[設定]メニューをクリックして、[設定]ダイアログボックスを開きます。


図1 - VCSの設定ダイアログボックスを開く(メインパネル)


[設定]ダイアログボックス上部で、HookモードからVADモードへ切り換えます。
[VadMode](1)ラジオボタンをクリックしてオンにします。
新たな設定を適用するには、[OK]ボタン(2)をクリックし、[設定]ダイアログボックスを閉じます。


図2 - HookモードからVADモードに切り替える(設定ダイアログボックス)


ステップ2: Second Lifeのオーディオ設定を変更
Second Lifeを起動させ、お持ちのアカウントでログインします。
[編集]メニューの[環境設定]を選択してSecond Lifeの[環境設定]ダイアログボックスを開きます(下図を参照)。


図3 - Second Lifeの方で、Preferencesを選択しsettingダイアログボックスを開く


[環境設定]ダイアログボックスで次の設定を行います(下図を参照)。
左側のメニューから、[Voice Chat(ボイスチャット)](1)をクリックします。
[デバイス設定]ボタン(2)をクリックして、[ボイスチャットのデバイス]ウィンドウを開きます。


図4 - Voice Chad Device Settingsのウィンドウを開く


[ボイスチャットのデバイス設定]ウィンドウで以下の手順を実行します。
[Device Setting]セクションで、[Avnex Virtual Audio Device]を選択します。
右上の×印(閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。


図5 - 入力デバイスを[Microphone(AVnex Virtual Audio)]に変更する


ダイアログボックスが閉じたら、[環境設定]ウィンドウの[OK]ボタン(3)をクリックすると、新しい設定を適用してウィンドウが閉じます。
設定後は、VCS VADがSecond Lifeで使用するメインのオーディオ ドライバになります。


図6 - OKを押すと、Sedonc Lifeでの設定変更は終了です


ステップ3: VCS7で声の前処理(準備)
VCSに戻り、モーフィング効果を選択し、出力音声が満足のいく結果になるまで微調整を続けます。

注: Voice Morpher機能を使用した音声変換方法とVCSの他の音声変換機能について知っている必要があります。

ステップ4: 変換した声を使ってSecond Life で音声チャットを開始
Second Lifeに戻り、音声チャットを開始すると、自動的に変換後の音声が適用されます。

注: VCS VADをSecond Lifeのオーディオ ドライバとして設定している場合、Second Lifeで音声チャットをする時は絶対VCSをオフにしないでください。VCSを使用しない場合は、Second Lifeの設定を元のオーディオ ドライブに戻してください。
詳細については、Webサイトをご覧ください。
広告
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.