ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
 
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
 shareEDGEノート記事一覧

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

shareEDGEノート
多くの製品を紹介して行く中で特に特徴のある製品について、また利用者に役立つ情報をコラムとして紹介しています。
記事の内容への皆様のご意見、反応も投稿してください。

shareEDGEラボノート

WMWifiRouterでいつでもどこでも快適インターネット

読者の皆さんは、WMWifiRouter というソフトをご存知でしょうか?
このソフトを一言でいってしまうと「Windows Mobile端末を無線LANルーター化できる」ソフトです。
この時点でぐぐっと来ない人のために、もう少し分かりやすく説明すると、要はこのソフトをあなたのWindows Mobile端末にインストールするだけで、自宅だろうが会社であろうが友人宅であろうが学校であろうが電車内であろうが居酒屋であろうがディズニーランドであろうが富士山の山頂であろうが、、、、、、、、いつでもどこでも何時間でも、自分や友達のiPhoneやiTouch、WindowsノートPCやMacBook、ニンテンドーDSやPSPで、好きなだけインターネットを楽しめるようになるんです!!!!!!!!!!!!

どうです。ぐぐっと来たでしょ!?

 

接続動作確認済みデバイス

Windows Mobile 6以降を搭載した端末で動作します。

  WiFi接続 Bluetooth接続 USB接続
イー・モバイル EM-ONEα ※3
イー・モバイル S11HT
イー・モバイル S12HT  
イー・モバイル S21HT
Willcom WS011SH ※1、※2、※3    
Willcom WS020SH ※1、※2、※4    
docomo HT-01A ※5
docomo HT-02A ※5
docomo HT1100 ※5  
HTC X7501 ※6
※1 Pingは通りません。
※2 WMWifiRouter 1.09で動作します。
※3 ICSを追加インストールすることで動作可能です。
※4 ICSおよび em1ics_helper_v001 を追加インストールすることで動作可能です。
※5 mopera U(従量)を利用することで正常動作します。
※6 SoftBankのUSIMで動作を確認しました。

 

WMWifiRouterの利用シーン

事例 1

ADSLや光を使わずに、携帯電話をインターネット接続回線に利用!

念願かなって4月から大学生、社会人!親元を離れ1人ぐらしのスタートです。 ほとんど使わないけど、自宅でもインターネットはやっぱしたいし、固定電話も一応ひくかぁ……

ちょっと待ったぁ〜!!!!!
忘れてませんかぁ〜WMWifiRouterの存在を!
自宅パソコンのインターネット回線としてWMWifiRouterを利用すれば、いつでもどこでもインターネットできるんすよ〜。
こんな不景気の時代に、自宅と携帯の2重支払いなんて「もったいなーい」

インターネット …3G… Windows Mobile(WMWifiRouter) …Wifi… 自宅のPC

事例 2

Bluetooth接続で移動中のバスや電車、出張先の訪問先やホテルを快適デスクレス環境へ

企業戦士にとって今やオフラインなど有り得ません。
「いや〜スイマセン。出先なもんで会社戻ったら確認します。」なんて流暢なこといってると、ビジネスチャンスなんてあっという間になくなっちゃいますよ。
ぜひ、お手持ちの端末にWMWiFiRouterを導入し、快適デスクレス環境を手に入れてください。
接続にBluetoothを用いることで(もちろんWifi接続でも問題ないが)、他デバイスとの併用やアクセスポイントの非可視化なども可能となります。

インターネット …3G… Windows Mobile(WMWifiRouter) …Bluetooth… ノートPC

事例 3

ニンテンドーDS、PSPゲーマー向け

昔「ゲームは1日1時間」ってT名人が連呼してましたが、このご時勢、特にオンラインゲームは1〜2時間程度じゃ屁のツッパリにもなりません(笑)
さぁ〜そこでWMWifiRouterの登場です。

DSやPSPでWMWifiRouterを利用するには、間にPCを介す必要がありますが、WMWifiRouterはかなり電力を消費するソフトなので、WindowsとUSBで接続されているこの形の方が実は都合がよかったりもします。
さぁ〜、学校や公園でも、心置きなくオンラインゲームをご堪能あれ!

インターネット …3G… Windows Mobile(WMWifiRouter) ―USB― Windows(+DS&PSP接続用USB機器) …Wifi… DS&PSP

 

WMWifiRouterの初期セットアップ (各接続共通)

1. [スタート] > [設定] > [Comm Manager] などから、WMWifiRouterで利用する接続を有効にします。

2. Internet Explorerを開き、3Gを使ったインターネットアクセスが行なえることを確認します。
※ICS、em1ics_helper_v001 が必要な端末は、これらをインストールした状態で動作を確認してください。

3. WM端末にWMWifiRouterをインストールします。

※バージョン1.09をインストールする方はこちらを参照して下さい。

4. [スタート] > [プログラム] > [WMWifiRouter]をタップします。

5. [Continue]をタップします。

6. 利用するインターネット用の設定としてemb(E-Mobile端末の場合)を選択し、[Continue]をタップします。

7. WWAM1:WWAN1を選択し、[Continue]をタップします。

重要:このステップはWifiが搭載されていないWM端末のみ表示されます

8. Dynamic(Safer)を選択し、[Next] をタップします。

9. Ad-hoc(Advised)を選択し、[Next] をタップします。

10. 任意のWMWifiRouterのアクセスポイント名を指定し、[Next] をタップします。

11. WEP/Open(Advised)を選択し、[Next] をタップします。

12. 条件に合う任意のWEPキーを指定し(今回は12345)、[Next] をタップします。

条件: 半角英数字の場合5文字か13文字、 16進数(0〜9ABCDEF)の場合10文字か26文字 。

13. 指定したWEPキーが表示されていることを確認した後、[Next] をタップします。

14. 1を指定し、[Next] をタップします。

15. [Continue] をタップします。

16. ウィザードが完了した旨のメッセージが表示されたことを確認した後、[Continue] をタップします。

17. インストール状況によりライセンスが要求されます。
製品をお持ちの方はライセンスを入力し[OK]、評価段階の方は [Trial] をタップします。
(利用にはEND USER LICENSE AGREEMENT に同意[Accept]する必要があります。)

備考:
WMWifiRouterは非常に多くの電力を必要としますので、デフォルトでバッテリー低下時にソフトウェアが自動終了するようなっています。この機能を無効にする場合、[Options] > [Configuration] > [Battery] から Disable を選択してください。

 

Wifiを利用した接続方法

利用機器 ・E-Mobile S11HT
・Windows XP SP3

注意: サードパーティー製の無線LAN用ツールなどがインストールされたXP環境では、無線LANの設定手順が下記内容と異なります。

1. WMWifiRouterを起動し、メイン画面から [3G→Wifi] のアイコンをタップします。

2. emb(E-Mobileの場合)の接続が開始された後、ステータスが次の状態になったことを確認してください。

Cellular to Wifi
Ready

Cellular
emb: Connected

Wifi
Network: WMWifiRouter (ウィザードで指定したアクセスポイント名)

3. コントロールパネルのネットワーク接続から、接続に利用するワイヤレスネットワークアダプタを右クリック > [利用できるワイヤレス ネットワークの表示] を選択します。
(タスクバーのワイヤレスアイコンを右クリックなどでも可)

4.  表示された一覧の中からWMWifiRouter(WMWifiRouterのアクセスポイント名)を選択し、[接続]ボタンをクリックします。

5. ネットワーク キー(今回は 12345)を入力し、[接続]ボタンをクリックします。

6. WMWifiRouterのステータスが“接続”になったことを確認します。

 

Bluetoothを利用した接続方法

利用機器 ・E-Mobile S12HT
・Windows XP SP3

1. WM端末の [スタート] > [設定] タブ > [Bluetooth] をタップします。

2. モードタブから、[Bluetooth をオンにする] と [このデバイスを他のデバイスからも検出できるようにする] を有効にし、[OK] をタップします。

3. 自宅PCのコントロール パネル > Bluetooth デバイスを開き、 [追加]ボタンをクリックします。

4. [セットアップを完了し、デバイスは発見可能になりました]にチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックします。

5. 検索されたWM端末を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

6. [自分で決めたパスキーを使用する] を選択、パスキーを指定(今回は 123と指定)し[次へ]ボタンをクリックします。

7. WM端末画面に接続許可を求める画面が現れますので、[はい] をタップします。

8. 設定したパスキー(今回は 123 )を入力し、[次へ] をタップします。

9. 正常に接続が完了すると、表示名を指定するためのウィンドウが表示されますので、任意の名前を指定した後、[完了] をタップします。

10. 完了した後、[このデバイスを他のデバイスからも検出できるようにする] のチェックを外します。(任意)

11. WMWifiRouterを起動し、メイン画面から 3G→Bluetoothのアイコンをタップします。

12. emb(E-Mobileの場合)の接続が開始された後、ステータスが次の状態になったことを確認してください。

Cellular to Bluetooth
Ready

Cellular
emb: Connected

Bluetooth
Waiting for connection

13. 自宅PCの [スタート] > [接続] > [Bluetooth ネットワーク接続] から、登録されているWM端末を選択し、[接続] ボタンをクリックします。

14. Bluetoothのステータスが "Connected" になり、インターネット接続が行なえるようになります。

 

ニンテンドーDS、PSPの接続方法

利用機器 ・E-Mobile S11HT
・Windows Vista
・DS/PSP接続ツール Planex GW-US54Mini2

1. WM端末とPCをUSB接続していない状態にてWMWifiRouterを起動し、メイン画面から3G→USBのアイコンをタップします。

2. emb(E-Mobileの場合)の接続が開始された後、ステータスが次の状態になったことを確認してください。

Cellular to USB
Ready

Cellular
emb: Connected

USB Waiting for connection

3. USBケーブルにて、WM端末とPCを接続し、ステータスが "Connected" になったことを確認します。

4. [スタート] > [コントロールパネル] > [ネットワークとインターネット] > [ネットワークと共有センター] > [ネットワーク接続]を開き、一覧にUSB接続したWM端末が「Remote NDIS based Internet Sharing Device」として認識していることを確認します。

5. 接続に利用しないネットワークを右クリック > [無効にする] を選択し無効化します。

6. [スタート] > [すべてのプログラム] > [Planex Wireless] > [Planex Wireless Utility] を選択し、タスクバーに表示されたアイコンを右クリック > [APモードへ変更] を選択します。

7. WM端末のネットワーク接続の状態に "共有" が表示されたこと、並びにDS/PSPが接続するワイヤレスネットワーク接続(GW-US54Mini2)の状態が "識別されていないネットワーク" になったことを確認します。

8. 必要に応じて、GW-US54Mini2ユーティリティ画面から、ネットワークキーの設定などを行なって下さい。

9. DS/PSPから”planexuser”にWifi接続します。

 

Copyright 2009 nextEDGE Technology K.K. All rights reservied.
作成 : シェアエッジサポート 2009.02.13

プリンタ出力用画面

前のページ
ボイスチェンジャーって何?
コンテンツのトップ 次のページ
2009 Mobile World Congressより(1)


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2008株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.