shareEDGE プロジェクト ホーム
ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
利用目的で選ぶ

 shareEDGE買い物カゴ

現在買い物かごは空です。


 アフィリエイター大募集
EDGEFan/アフィリエイト参加者大募集中です!

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

広告
SecuBox for Smartphone 
  ドキュメント ファイル よくある質問(FAQ) 購入時の注意点 バージョン履歴情報 分かっている問題および使用上の注意点 ひとことタグ
セキュボックス フォー スマートフォン
 
このページをお気に入りに追加  
本製品に関するお問い合わせ     無料で試す 買い物カゴに入れる
無料で試す
PDAやスマートフォンに記録された個人情報や機密情報を暗号化する データ保護セキュリティ ソリューション
SecuBox for Smartphoneは、スマートフォンのディスク上に保存された個人情報や機密情報を保護するためのデータ暗号化ソフトウェアです。

スマートフォンは携帯性に優れている反面、ノートPCなど他の端末と比較すると紛失や盗難の危険性が非常に高く、そこに保存されたデータは常に漏えいの危険にさらされているのが現状です。

SecuBox for Smartphoneを使えば、スマートフォン内部のディスクやメモリーカード上のデータを、強力な AES 256ビット暗号化方式にて暗号化し、重要データを安全に持ち運ぶことができるようになります。

操作や設定は非常に簡単で、運用時の暗号化や複合化は自動的に行われるため、ユーザーは、今までと同じ操作感のまま、スマートフォンを安全性の高いデバイスへと変化させることができます。

※本製品はWindows Mobile 6 Standard 搭載機種 (SoftBank X02HT, X03HT、DoCoMo F1100等) 用です。その他の機種をお使いの方はこちらです。

CAB版は、こちら ダウンロードsecuboxsp.arm.cab
ドキュメント ファイル よくある質問(FAQ) 購入時の注意点 バージョン履歴情報 分かっている問題および使用上の注意点 ひとことタグ
製品概要
製品番号 20070831-001
バージョン 1.60
掲載開始日2007/09/29 15:31:55 (Sat)
更新日 2010/11/26 15:18:20 (Fri)
    無料で試す 買い物カゴに入れる
利用可能OS WM6.5 StandardWM 6.1 StandardWM6.0 Standard
SoftBank X03HTSoftBank X02HTSoftBank X01SC
EMOBILE S22HT
ファイルサイズ 1.69 MB
カテゴリ データ保護/暗号化
UI言語 日本語
利用者情報
性別
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
レベル
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
年代
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
目的
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
?
価格
4,314円 (3,995円税抜き)

ボリューム ライセンスなど、上記以外のライセンスの購入に関しては販売代理店または、弊社までお問い合わせください。

開発元 イギリス Aiko Solutions  
開発元ホームページへ (Aiko Solutionsの情報やすべての製品を見る)
ドキュメント ファイル
 
ユーザガイドSecuBox for Smartphone 1.3 (HTML) 2008/05/20 10:15:47 (Tue)


重要: .CHMファイルは、直接開かないでください。正しく内容を参照するには、一旦ローカル ディスクにダウンロード後、開いてください。
本文がうまく表示されに場合、ダウンロードまたは展開した.CHMファイルを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択、[全般]タブ画面の最下段にある[ブロックの解除]をクリックして設定を変更後、再度.CHMファイルを開いてください。

ひとことタグ
 
container_tags
 
よくある質問(FAQ)よくある質問(FAQ)
 
購入時の注意点購入時の注意点
 

本製品はWindows Mobile 6 Standard 搭載機種 (SoftBank X02HT, X03HT、DoCoMo F1100等) 用です。
その他の機種をお使いの方はこちらです。
 
製品情報製品情報
 
SecuBox for Smartphone
製品概要

SecuBox for Smartphone - モバイルを暗号化 -

SecuBox for Smartphone は、Windows Mobileのデバイス上やメモリーカードに保存されている機密情報を保護する暗号化ソフトウェアです。モバイル機器は紛失しやすいことから、個人情報や顧客データの漏洩など、機密文書やデータが常に危険に晒されています。

SecuBox for Smartphone は、機密データを格納するための安全な記憶領域を作成します。この記憶領域に書き込まれたデータは、業界標準の強力なAES 256ビット暗号化方式で自動的に暗号化されるため、万が一、デバイスやSDカードを紛失した場合でも、第三者がそのデータにアクセスする心配はありません。

<企業に大きなメリット>
SecuBox for Smartphoneを使うと、確実にデータを保護することができます。特に、流出してしまうと会社にとって大きな損害に繋がるようなデータ(顧客データ、患者のカルテ、職員名簿など)をスマートフォンで扱っているような場合、暗号化ソフトウェアが必要不可欠です。SecuBox for Smartphoneを使えば、Windows Mobileデバイスで重要なデータを安心して携帯できるようになります。

どのように動作する?

このソフトウェアは、スマートフォン上に '仮想暗号化ストレージカード' を作成します。データの暗号化は自動的に実行されます。暗号化カードにデータを書き込むと、そのデータは自動的に暗号化され、暗号化されたデータを読み込むと自動的に復号化されます。暗号化カード上での作業が終わったら、"アンマウント" するだけです。アンマウント後に、一つとなったファイルを解読するのは、数百年は掛かるでしょう。

Windows Mobileデバイスで記憶領域をマウントしたい時は、SecuBoxにパスワードを入力します。パスワードを入力すると、暗号化された記憶領域がマウントされ、スマートフォン上の保護されたデータにアクセスできるようになります。パスワード無しでは、スマートフォン上の暗号化されたデータには、悪意あるユーザはもちろん、誰もが全くアクセスできません。

この暗号化(される)記憶領域へのファイルの書き込みは、Windows Mobile標準の通常の記憶領域と同じ操作で行うことができます。Windows Mobile標準の記憶領域との違いは、ユー ザが暗号化を意識することなく透過的に、データがすべて強力なAES 256ビットのアルゴリズムを用いて暗号化される点です。

製品特長
  • 先進のセキュリティ アルゴリズム
    データの暗号化には AES 256 ビット暗号化アルゴリズムが使用され、シークレットキー(秘密鍵)の生成には SHA-512 が使用されます。操作に暗号化の知識は不要で、セキュリティに関心があれば誰でも使いこなせるようデザインされています。
  • 暗号化キーのバックアップ
    バックアップコピーにより、パスワードの紛失、またはストレージファイルがOS障害などにより損傷した場合でも、暗号化ストレージのレストアが可能になります。
  • あらゆるリムーバブルメディアカードをサポート
    SecuBoxは、SDカード、コンパクトフラッシュ、マルチメディアカード(MMC)、メモリースティックなどのメモリーカード上のデータを保護します。
  • 簡単なインストール、メンテナンス、操作
    操作は簡単なので、誰でもすぐに使いこなせるようになります。ご使用のPocket PCやスマートフォンの使い方を変えることもありません。
  • 自動マウント
    毎日のデータ保護作業をより便利にします。
  • ファイルワイプ (ファイル抹消)
    単純にファイルを削除するだけでは、機密ファイルの復元は可能なため、安全とは言えません。
    アプリケーションやファイルマネージャでファイルを削除すると、ディレクトリのファイル名が“削除”とマークされるだけなので、削除したデータは新しいデータによって上書きされるまで存在します。
    SecuBox のファイル抹消機能はデータを回復できない状態にします。この抹消方法は、米国防総省のデータ消去基準 "DoD5220.22-M" に準拠しています。
  • 利便性、柔軟性の向上
    データ暗号化を日常的に利用するため、複数の設定を使用することができます。 システム起動時や再起動時に SecuBox の自動実行や、任意の場所に記憶領域の作成及びその記憶領域に格納などが可能です。
    SecuBoxは、メモリ消費量や CPU使用量を抑えるため、”ドライバ" モードのみで実行するよう設定することもできます。
  • 透過的暗号化
    SecuBoxは、仮想暗号化記憶領域を使った透過的暗号化を特長としています。 仮想暗号化記憶領域にデータを保存する際には自動的に暗号化され、仮想暗号化記憶領域からデータを取り出す際には自動的に複合化されます。
  • パスワード強度メーター
    優れたパスワードというのは、推測されないものです。パスワードの強度を判定する先進のアルゴリズムにより、Pocket PCやスマートフォン上の機密データにアクセスできないよう強力なパスワードを作成することができます。
  • コマンドライン サポート
    SecuBoxの暗号化ボリュームへのリンクを作成することで、日常のデータ保護操作が自動的に行えます。
  • ストレージの消去
    安全な記憶領域の削除 - 削除されたデータは、特殊な復元ツールなどを使っても、データが復元されることはありません。
  • ストレージの属性変更
    リード オンリーに設定することや、暗号化ボリュームの属性を隠したりすることができます。
  • マルチ暗号化ストレージ
    同時に最大10個まで、Windows Mobileボリュームをマウントすることが可能です。
  • Windows Mobileファイルエクスプローラとの連動
    WindowsMobileファイルエクスプローラから直接タップすることで暗号化データに簡単にアクセスできます。
  • バックドアなし
    SecuBox for Pocket PCには、バックドアや 鍵寄託( key escrow )は存在しません。いかなる事情があろうと、ソフト開発元も含め、他の者が暗号化されたデータにアクセスすることはできません。そのため、パスワードは絶対に忘れないで下さい。
スクリーンショット
 
暗号化されたストレージのマウント
Windows Mobileファイルエクスプローラで閲覧
 
 
メインメニュー
SecuBox設定メニュー
 
 
バージョン履歴情報バージョン履歴情報
 

バージョン 1.6.0 ( 2010年11月26日)

  • 仮想ディスクは、Private Diskの仮想暗号化ディスクと互換性になりました。

バージョン 1.5.2 ( 2010年5月12日)

  • WINCEデバイスでのインストール問題の修正
  • 書き込み速度の向上

バージョン 1.5

新しい機能:

  • "最近マウント"の追加
  • アクティビティタイムアウトの追加
  • サードパーティ製ファイルエクスプローラ選択の追加
  • Windows CE x86のサポート追加
  • "Strengthen 暗号化キー" オプションの追加
  • SecuBoxストレージファイルのワンクリックマウントの追加
  • パスワード入力フィールドでのクリアテキスト オプションの追加
  • コマンドラインによる指定ストレージのマウント解除機能の追加
  • ストレージ作成機能の強化
  • 4GB以上の暗号化ストレージの作成時の警告の追加
  • エラーログ作成時の警告の追加
  • 4GBスレージサポートの追加
  • 新規作成されたストレージカードは自動的にフォーマットされます。

問題修正:

  • 左右キーでの無効化の問題修正
  • ファイル エクスプローラでの間違ったパスワードダイアログの問題修正
  • Smartphone版でのアップデートチェックの問題修正
  • Windows CE .net 4.2での問題修正
  • Windows CE でのバックグランド問題の修正
  • いくつかのデバイスでのアンインストールの問題修正
  • QVGAでのアイコン表示の問題
  • Samsung Omniaおよびその他Windows Mobile 6.1 デバイスでのフリーズの問題修正
  • いつくかのデバイスでストレージが見えなくなる問題の修正
  • 最終アクセス日付の削除問題の修正
  • SecuBoxをストレージカードにインストールし、切断した場合の問題の修正

バージョン 1.4.2 ( 2008年3月14日)

  1. ログ作成をオンにした状態で、書き込み速度が低下していた問題の修正

バージョン 1.4.2 ( 2008年2月5日)

  1. コマンドラインで指定したストレージのマウントを解除することができます。
  2. その他メイナーなバグの修正

バージョン 1.4 ( 2007年12月14日)

新しい機能:

  1. ストレージのマウント後、自動的にエクスプローラを開く機能の追加
  2. コンテキストヘルプのサポート
  3. ソフトキーの追加
  4. デバイスがスリープモードになった際にすべてのマウントされたストレージをマウント解除する機能の追加

問題の修正:

  1. SIP 動作の修正
  2. バージョン情報画面で、テキストのアクティベーションキーを貼り付けできない問題の修正
  3. SecuBox ファイル エクスプローラは遅延なく開くようになりました
  4. リムーバブルカード上に大きなストレージを作成する際にデバイスが遅くなる問題の修正
  5. VGA画面でのアイコンの強化
 
分かっている問題および使用上の注意点分かっている問題および使用上の注意点
 
F1100では動作しません。
 
レビューを書くレビューを書く
 

現在この製品に関するユーザ コメントはありません。

あなたのご意見をお待ちしています。

 

その他興味あるソフトウェア
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2008株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.