ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
キーワード検索
  shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
 shareEDGE買い物カゴ

現在買い物かごは空です。


Unknown

shareEDGEお勧め

shareEDGEサービス

 アフィリエイター大募集
EDGEFan/アフィリエイト参加者大募集中です!

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

広告
PDCopy 
  ドキュメント ファイル 購入時の注意点 バージョン履歴情報 ひとことタグ
 
このページをお気に入りに追加  
本製品に関するお問い合わせ     無料で試す
無料で試す
ミニ Explorer
PDCopyは、Dekart Private DiskやEverstrike Universal Shieldなどで保護された領域内のデータを、安全且つ簡単に取り扱うためのファイル操作ユーティリティです。
PDCopyには次の特徴があります。
 
• インストール作業は不要です。直接ファイル(PDCopy.exe)を実行するだけで、その
まま利用することができます。
• パラメータの利用により、PDCopyの起動、終了を、仮想暗号化ディスクのマウン
ト、マウント解除に追従させることができます。( /s オプション )
• OLEを使ったファイルのドラッグ&ドロップ、クリップボードを介したコピー&貼
り付けによるファイルの転送が可能です。
• Windows 2000/XP/Vista環境で利用できます。
• 多言語OSに対応しています。(画面は英語/日本語UI)


ドキュメント ファイル 購入時の注意点 バージョン履歴情報 ひとことタグ
製品概要
製品番号 20080131-001
バージョン 2.05
掲載開始日2008/02/01 17:30:48 (Fri)
更新日 2008/03/27 09:46:56 (Thu)
    無料で試す 無料で試す
利用可能OS Vista2003XP2000
ファイルサイズ 406 K
カテゴリ データ保護/暗号化
UI言語 英語 日本語
利用者情報
性別
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
レベル
50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00%
年代
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
目的
50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00%
?
開発元 日本 nextEDGE Technology, Inc.  
開発元ホームページへ (nextEDGE Technology, Inc.の情報やすべての製品を見る)
ドキュメント ファイル
 
ユーザーガイドPDCopy ユーザガイド(HTML) 2008/01/31 18:36:59 (Thu)


重要: .CHMファイルは、直接開かないでください。正しく内容を参照するには、一旦ローカル ディスクにダウンロード後、開いてください。
本文がうまく表示されに場合、ダウンロードまたは展開した.CHMファイルを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択、[全般]タブ画面の最下段にある[ブロックの解除]をクリックして設定を変更後、再度.CHMファイルを開いてください。

ひとことタグ
 
container_tags
 
購入時の注意点購入時の注意点
 
本製品は、個人でご利用になる場合には、無料で提供しています。 法人/公共機関でのご利用は有償となりますので、別途お問い合わせください。
 
製品情報製品情報
 

PDCopyとは?

PDCopyは、単に軽量なエクスプローラとしてだけでなく、アプリケーション ファイアウォール機能を持ったデータ保護ソフトウェアと利用することで、セキュアな環境での利便性を向上させることができます。

PDCopyを許可プログラムとして、アプリケーション ファイアウォールを超えるアクセスを許可することで、セキュリティを維持したま、保護領域のコンテンツに簡単にアクセスすることができます。
豊富な、コマンドライン パラメータを併用することでUniversal ShieldPrivate Diskの環境に適用できます。

PDCopyをアプリケーションファイアウォールの許可プログラムに設定

 
バージョン履歴情報バージョン履歴情報
 

更新履歴

バージョン 2.05 (2008年3月27日)

- ファイル変更日付に作成日付の内容が表示されていた問題が修正されました。

- /s /dオプション時にPDCopy.iniファイルの存在確認を最大4秒間リトライするよう拡張しました。

バージョン 2.03 (2008年2月5日)

- /t オプションでの一次ファイル領域が終了時にすべて削除されない問題( 0サイズのファイル名が残る問題)が修正されました。

バージョン 2.02 (2008年2月4日)

- パスワード保護機能での問題/機能拡張

PDCopy.iniに指定するパスワード行は、pwd= , PWD= 大文字小文字の区別がなくなりました。*パスワード部分は、大文字小文字を区別します。

PDCopy.iniに指定するパスワード行の終端に改行がなかったり、スペースが含まれていると正しく認識できない問題を修正しました。

 
レビューを書くレビューを書く
 

現在この製品に関するユーザー コメントはありません。

あなたのご意見をお待ちしています。

 

その他興味あるソフトウェア
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.