shareEDGE プロジェクト ホーム
ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
利用目的で選ぶ

 shareEDGE買い物カゴ

現在買い物かごは空です。


 アフィリエイター大募集
EDGEFan/アフィリエイト参加者大募集中です!

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

広告
SecuWipe for Smartphone 
  ドキュメント ファイル バージョン履歴情報
 
このページをお気に入りに追加  
本製品に関するお問い合わせ     無料で試す 買い物カゴに入れる
無料で試す
モバイル内の重要データを完全に消去できるデータ抹消ツール!モバイルの情報漏洩対策を検討している企業様必携です!
モバイル内の重要データを、完全に消去できるデータ抹消ツールです。
米国国防総省 DoD 5220.22-Mをはじめ、Bruce Schneierアルゴリズム、Peter Gutmanアルゴリズムなどを用いてモバイル上に残るプライバシー情報を完全に消去します。
SecuWipeを使って以下のデータを安全に抹消できます

* 連絡先、着信
* Eメール、SMS、MMSなどのメッセージ
* メモ、録音
* 予定、タスク
* インターネットのキャッシュ、Cookie、履歴
* 未使用領域のデータ
* メモリーカードのデータ(SDカード等)
* ファイル、フォルダ

*最新機能(デバイスの盗難、紛失時に役立つ)
* 電子メールアカウント情報
* SIMの変更やSMSをトリガとしたリモートからの抹消機能

削除対象の選択は、メッセージ全般や個人情報といった大まかな指定ができ、詳しい知識は不要で初心者でも簡単に使うことができます。
もちろん、ファイル/フォルダ レベルでの細かい選択も可能です。

情報漏洩対策が必要不可欠な、モバイルを社員に持たせている企業様、モバイル販売に携わる流通業者様などは必携です!

試用期間は、30日です。

※本製品はWindows Mobile 6 Standard 搭載機種 (SoftBank X02HT, X03HT、DoCoMo F1100等) 用です。その他の機種をお使いの方はこちらです。

CAB版は、こちら ダウンロードsecuwipesp.arm.cab
ドキュメント ファイル バージョン履歴情報
製品概要
製品番号 20080930-002
バージョン 1.11
掲載開始日2008/10/27 17:09:01 (Mon)
更新日 2010/05/12 09:57:48 (Wed)
    無料で試す 買い物カゴに入れる
利用可能OS WM6.0 Standard
SoftBank X02HTSoftBank X01SCSoftBank X03HT
Docomo F1100
EMOBILE S22HT
ファイルサイズ 1.67 MB
カテゴリ データ保護/暗号化
UI言語 日本語
利用者情報
性別
50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00%
レベル
50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00%
年代
100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%
目的
50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00% 50.00%
?
価格
4,314円 (3,995円税抜き)

ボリューム ライセンスなど、上記以外のライセンスの購入に関しては販売代理店または、弊社までお問い合わせください。

開発元 イギリス Aiko Solutions  
開発元ホームページへ (Aiko Solutionsの情報やすべての製品を見る)
ドキュメント ファイル
 
ユーザーガイドSecuWipe for Smartphone ユーザガイド v1.x (HTML) 2010/01/08 10:08:38 (Fri)


重要: .CHMファイルは、直接開かないでください。正しく内容を参照するには、一旦ローカル ディスクにダウンロード後、開いてください。
本文がうまく表示されに場合、ダウンロードまたは展開した.CHMファイルを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択、[全般]タブ画面の最下段にある[ブロックの解除]をクリックして設定を変更後、再度.CHMファイルを開いてください。

スタッフ コメントスタッフ コメント
 

プログラムデータなどに関しても、アンインストール後、未使用領域をワイプすることで、安全に削除できます。(インストール先などを考慮する必要はありません。)

 
製品情報製品情報
 
SecuWipe for Smartphone
製品概要
削除したファイルは復元できてしまうことを知っていますか?
SecuWipeは、強力なデータ消去アルゴリズムによりデータを上書きし、モバイル内の重要データを完全に消去できるデータ抹消ツールです。SecuWipeは、以前に削除された全てのデータ、デバイスやリムーバブルメディアカード上にある部外秘のファイルやフォルダ、連絡先、EメールやSMSメッセージを抹消します。

通常の削除操作でファイルを削除しても、実際にはファイルは削除されていません。 通常、ファイルネームがファイルシステムのインデックスから除去されるだけで、削除したファイルの領域は、新たなデータの格納場所として占められます。それらの場所に新たなデータが書かれない限り、削除したファイルはまだ復元できる状態となっています。

スマートフォンのハードリセット、メモリカードのフォーマットではデータは抹消できていません!
スマートフォンを販売したり提供したりする場合、機密データの入ったファイルを抹消する必要がある場合などに、SecuWipeが力を発揮します。

厳重な扱いが必要な社外秘データや機密性の高いデータを消去する安全な方法は、データの抹消だけです。通常のファイル削除では、削除されたファイルの内容がデバイス上に残ります。ハードリセットはファイルシステムのインデックスからファイルのアドレスを消去するだけで、トップにいくつかのシステムファイルが書かれるだけです。重要なデータの大半は、簡単に復元できる状態で残ります。また、リムーバブルカードのフォーマットも効果的な手段ではありません。個人情報、口座情報、クレジットカードナンバーなどの機密情報を含んだファイルが簡単に復元されてしまいます。

SecuWipeは、ファイル、フォルダ、リムーバブルメディアカード全体、Eメール、連絡先、予定、仕事のデータベースを含むすべての重要データを確実に消去します。抹消されたデータは復元不可能です。

モバイルの利用痕跡を完全に消去できます
SecuWipeは、スマートフォンのプライバシー保護ソリューションです。

Webの履歴、送受信したSMSやMMSのメッセージ、それらの情報は削除したとしても、デバイス上にはまだ復元可能な状態で残っています。 MS WordやExcelでドキュメントの編集を行うと、デバイスのメモリ上に、ドキュメントの一時ファイルがいくつか作成されます。それら一時ファイルは、ドキュメントの編集が終了した後でもまだ残っています。 これらの情報は復元ツールを使って簡単に復元できてしまいます。

部外秘のメッセージ、ブラウザの履歴やcookie、全ての一時ファイルなど、重要データを悪用できないように完全に抹消できます。
製品特長
SecuWipeは、削除したデータが復元されないように全てのデータ完全に抹消します。モバイル内の次のようなデータを抹消できます。
  • 連絡先
  • Eメール、SMS、MMS
  • 予定
  • 仕事
  • 着信履歴
  • メモ、録音
  • 未使用領域
  • 全てのサイズ/タイプのリムーバブルメディアカード(SDカード等)
  • ファイル、フォルダ
  • Internet Explorerの履歴、cookie、キャッシュ

未使用領域のデータ抹消
SecuWipeが未使用領域のデータ抹消機能を提供する理由は、Windows Mobileアプリケーションの動作時、アプリケーションによって複数のコピーファイルが保存されたり、また、Windowsがファイルの位置を最適化する際、FATテーブルでアドレスだけを変え、元のファイルを残したまま別途複製ファイルを作成する可能性があるためです。
データ抹消ツールを使わずに単にファイルを削除するだけでは、デバイスやメモリカード上にファイルの一部やファイルのコピーが残ってしまいます。

未使用領域のデータ抹消は、次のようなケースでデータを完全に消去することを意図しています。
  • 以前に削除されたファイルの消去
    以前に重要データを削除している場合、それらはデバイスの未使用領域にまだ残っているかも知れません。未使用領域のデータ抹消では、それらファイル全ての痕跡を完全に消去します。
  • 一時ファイルの消去
    ドキュメントを編集する際、プログラム(例:MS Officeなど)によっては、重要な情報を含んだ一時ファイルを作成します。 それら一時ファイルは、ドキュメントの中間ファイルであり、編集終了後にデバイスやメモリカード内の未使用領域から消去されます。 元のドキュメントを消去した後でも、いくつかのコピーやそれらファイルの一部は残っているかも知れません。
スクリーンショット
SecuWipeのメイン画面
データ抹消アルゴリズムの設定画面
データを抹消するフォルダの選択画面
抹消対象の設定画面
 
バージョン履歴情報バージョン履歴情報
 
バージョン1.11(2010年5月12日)
  • メールアカウントの削除が可能になりました。

バージョン1.11(2010年3月18日)

新しい機能:

1.信頼されていないSIM時の消去、時間毎の消去、ソフトウェアリセット時にSMSを介してのリモート完全消去が消去予定に追加されました。
2.コマンドラインパラメータが追加されました。
3. システムファイルは完全末梢しません。
4. SDカードのフォーマットが追加されました。
5. Windows CEでのごみ箱の消去(カスタム消去から選択)

問題修正:

1. 800x400画面の問題修正
2. デバイスの"root"消去時の動作が強化されました。

バージョン 1.10 (2009年12月29日)

  • [消去スケジュール]機能が追加されました
  • コマンドラインパラメータがサポートされ、他のプログラムからの呼び出しが可能になりました。
 
バージョン履歴情報バージョン履歴情報
 
バージョン 1.10 2010年2月6日
X01SCがサポートされました。
 
レビューを書くレビューを書く
 

現在この製品に関するユーザー コメントはありません。

あなたのご意見をお待ちしています。

 

その他興味あるソフトウェア
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.