Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_6q5rp5v1p6gk1u9uq8c8gjqi93, O_RDWR) failed: No space left on device (28) in /usr/local/apache2/htdocs/shareEDGE/include/common.php on line 53
shareEDGE プロジェクト-FAQ
ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
 
キーワード検索
shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ
 

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» 製品FAQ - PodCopy/iPodCopy

目次


[技術的な質問] iPodCopyを使ってiPodのデータが消えることがありますか?
iPodCopyは、iPodのデータをiTunes/PCにダウンロードするための機能を提供しています。
iPodからのデータ転送に失敗しても、iPodのデータが消えることはありません。

iPodCopyは、iPodへの書込み処理は行いません。iPodへのデータの書込み(アップロード)は、iTunesを使用します。

iPod上のデータにアクセスできなくなる可能性として、以下のことが考えられます。
1. iTunesのオプション設定でiPodと同期する設定になっている場合、iPodをPCに接続すると自動的にiPodの内のデータは、iTunesのデータ(新規インストールした場合には、空デーダ)と同期されるために、iPod上データは喪失します。
*自動同期による喪失されたデータを復旧はすることはできません。

*自動同期が開始される前に、iTunesから確認メッセージが表示されます。これに'はい"と答えることで同期されます。

2. iPod内のディスクの障害によるもの
iPodをディスクとして、マウントしてエクスプローラでアクセス、ディスクチェックなどを行うことで回復できる場合もありますが、データが喪失されることがあります。
Windows2000などでは、iPodのUSB接続を外す前に、確実にデバイスの切断処理を行ってください。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.