リンク: スパイウェアノート | スパイウェアガイド スパイウェア データベース | 検出分析 | ブロックリスト

SpywareGuide powered by FaceTime Security Labs

 

 


よくある質問 ( SpyRescueに関して )

 

ここでは、お問い合わせの多いSpyRescueに関するよくある質問を紹介します。

 

 

運用に関して

SpyRescueを実行するとKERNEL32.DLL エラーメッセージが表示されます

SpyRescueを実行すると、"KERNEL32.DLLエラー"が表示され、あたかもSpyRescueにエラーが発生したようにダイアログボックスが表示された場合、詳しくダイアログ ボックスを見てみてください。通常のエラー メッセージと違っている場合、スパイウェア Spectorが原因していると思われます。 Spectorは、"SpyRescue"を含んだウィンドウを攻撃し、あたかもSpyRescueで問題が発生したかのように偽のエラー メッセージを表示させる小さなプログラムです。 対処: エラーダイアログボックスはクリックしないでください。SpyRescueのスキャンを実行してください。検出、除去後、再起動のためのダイアログボックスが表示されたらSpectorのエラー ダイアログボックスをクリックして閉じます。再起動メッセージをクリックしてコンピュータを再起動してください。

パーソナルファイアウォールがXcleaner_full.exeの接続を検出しますがなぜですか?

パーソナルファイアウォールでxcleaner_full.exeの接続を許可していても、xcleaner_full.exeがアップデート機能によりアップデートされた場合は、パーソナルファイアウォールが新しいxcleaner_full.exeがインターネットへの接続を試みていることを検出します。アクセスを許可してください。

実際にxcleaner_fullが更新されたためどうかを確認するには、メンバーページで最新版のビルド番号と、現在利用しているSpyRescueにビルド番号を確認してください。

SpyRescueを他のアンチウィルスソフトウェアと共に実行したいのですが、何か注意が必要ですか?

SpyRescueはアプリケーション レベルで実行されるので、他の既存のウィルス対策ソフトウェアとの親和性に優れています。SpyRescueを既存のウィルス対策ソフトウェアと共に利用することを強く推奨しています。

SpyRescueでスパイウェアが検出されるのですが、除去できないようです?

検出されるスパイウェアによってはそのまま除去できないものがあります。以下の方法を試みてください。

  1. SpyRescueデラックス版 アップデート ボタンをクリックしてシグネチャを最新にします。
  2. 検疫タブで、ブロックリストをすべて適用します。
  3. ウィンドウズをセーフモードで再起動します。
  4. SpyRescueを起動し、フルスキャン (スパイウェア検出タブ)を実行します。
  5. ウィンドウズを通常モードで起動します。
  6. SpyRescueを再度実行し、スパイウェア検出を選択して、除去されたかどうか確認してください。

上記の方法で除去できなかった場合は、XRayPCで取得したシステムログとSpyRescueの検出ログをサポートまで送ってください。対応シグネチャ ファイルを作成します。

他のスパイウェア対策ソフトウェアでスパイウェア クッキーが検出されるのですが、SpyRescueでは検出されません

クッキーはスパイウェアではありません。SpyRescueはどんな種類のクッキーもスパイウェアとしては検出しません。それは、技術的にクッキーはスパイウェアではないからです。クッキーを制御するには、ブラウザの設定を利用するのが最も効果的です。

Internet Explorerをご利用のユーザは、以下の手順で設定することができます。

技術的な詳細は、スパイウェアノートを参照してください。

Topへ

 

操作方法に関して

SpyRescueログの作成方法

SpyRescueでの除去に関する問い合わせをする場合に、SpyRescueのログを送っていただく場合があります。以下の方法でSpyRescueのログを取得することができます。

  1. SpyRescue デラックス版を起動
  2. Ctrl + H を押します。サポート ダイアログボックスが表示されます。
  3. "ログ"タブを選択して、常にログを作成 チェックボックスをチェックします。
  4. "閉じる"でサポートダイアログボックスを閉じます
  5. SpyRescue スパイウェア検出でフルスキャンを実行します。
  6. 検出が終了したら、Ctrl + Hを押して、サポートダイアログで、ログをオグに戻します

XCL_LOG.TXTファイルがSpyRescueのインストールされているフォルダに作成されます。

メッセンジャ サービスに関する警告が表示されますがなぜですか?

メッセンジャ サービスを利用したメセンジャ スパムや、フィッシングの危険性のため、SpyRescueのデフォルト設定では、メッセンジャ サービスをチェックし、有効になっていると警告するよう設定されています。

企業内で利用している場合など、こうした危険性がない場合は、"クリーニング"タブから'メッセーンジャ サービスの確認"チェックを解除してください。

Topへ

 

その他関連

セーフ モードでウィンドウズを起動するには?

通常モードでの起動時で除去でいないスパイウェアを除去する方法として、セーフモードで除去する方法があります。セーフモードで起動後、X- Cleanerを実行しスキャンを実行してください。ウィンドウズをセーフ モードで起動する方法の1つは、コンピュータの起動時にF8キーによる方法です。

コンピュータを再起動し、BIOSによるPOSTが終了し、Windowsが起動前されるわずかの間に、F8キーを押します。メニューが表示されたら、"セーフモード" を選択します。

システム回復ポイントへの復帰方法?

SpyRescueでスパイウェアを検出し、除去する前にシステム復元ポイントを作成することをお薦めします。万が一、除去によりシステムが不安定になった場合に、その作成したシステム復元ポイントを利用して復旧することができます。

システム復元ポイントへの回復方法は、 Microsoft 問題発生時にシステムの復元を使用して変更を元に戻す方法 を参照してください。


Topへ

無料スパイウェア オンラインスキャナ

Notice: Undefined variable: incprefix in /usr/local/apache2/htdocs/spywareguide/right_menu.php on line 9
ご意見、ご質問
SpyRescue(スパイレスキュー)
X-Cleaner,SpyRescue製品は製品の開発メンテナスを終了しました。
最近追加されたスパイウェア
[お知らせ]
X-Cleaner,SpyRescue製品は製品の開発メンテナスを終了しました。
今月の報告トップ スパイウェア