ホームサイトマップはじめてご利用になる方へshareEDGEメンバー登録ログイン
キーワード検索
  shareEDGE製品購入の流れ 製品購入の流れ 支払処理へ
 shareEDGE買い物カゴ

現在買い物かごは空です。


セキュリティ

shareEDGEお勧め

shareEDGEサービス

 アフィリエイター大募集
EDGEFan/アフィリエイト参加者大募集中です!

 メンバーシップ
アンチスパイウェア宣言

広告
UnHackMe 
  ドキュメント ファイル よくある質問(FAQ) バージョン履歴情報 分かっている問題および使用上の注意点 ひとことタグ
 
このページをお気に入りに追加  
本製品に関するお問い合わせ     無料で試す 買い物カゴに入れる
無料で試す
UnHackMe を使って見えないトロイの木馬 - Rootkitを撃退!
UnHackMe を利用すれば、"ルートキット (rootkit)" と呼ばれる、未知のトロイの木馬プログラム (見えないトロイの木馬) を検出、駆除することができます。
ルートキットとは、ハッカーがその侵入を隠して、コンピュータやネットワークに対する管理者レベルのアクセス権限を得るために使用する一連のプログラムです。ハッカーがコンピュータにルートキットをインストールする手段としては、ユーザの操作を利用する、既知の脆弱性を悪用する、パスワードを解読する、などが挙げられます。ルートキットが一度インストールされると、バックドア技術によって、ハッカーがコンピュータを完全に支配できるようになってしまいます。ルートキットは、ユーザによって発見されないように、自身のファイル、レジストリ キー、プロセス名、ネットワーク接続などを隠しています。

これらのプログラムは、従来のアンチウィルス ソフトウェアによっても検出されないように、自身のファイルを圧縮および暗号化しています。代表的なルートキットとしては、Hacker Defender ルートキットがあります。

Hacker Defender またはそのクローンを検出、駆除するには、UnHackMe が必要不可欠です。
コンピュータを安全に保護するためにも、UnHackMe をぜひお試しください!

試用期間は、30日です。

この製品はベクターでも購入できます!
※Vectorでご購入いただいた場合は、shareEDGE各種キャンペーンの対象外となりますのでご了承下さい。
ドキュメント ファイル よくある質問(FAQ) バージョン履歴情報 分かっている問題および使用上の注意点 ひとことタグ
製品概要
製品番号 20050621-001
  UnHackMe
バージョン 4.8
掲載開始日2005/06/29 15:48:56 (Wed)
更新日 2008/12/01 19:13:06 (Mon)
    無料で試す 買い物カゴに入れる
利用可能OS 2003XP2000NT
ファイルサイズ 3.7 MB
カテゴリ マルウェア対策脆弱性/ハッキング監査
UI言語 英語
利用者情報
性別
90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 90.00% 10.00%
レベル
53.57% 53.57% 53.57% 53.57% 53.57% 53.57% 46.43% 46.43% 46.43% 46.43% 46.43%
年代
3.85% 15.38% 15.38% 26.92% 26.92% 26.92% 23.08% 23.08% 23.08% 30.77% 30.77% 30.77%
目的
63.33% 63.33% 63.33% 63.33% 63.33% 63.33% 63.33% 36.67% 36.67% 36.67% 36.67%
?
価格
Single2,154円 (1,995円税抜き)
Family2,694円 (2,495円税抜き)
Business3,234円 (2,995円税抜き)
Business Family4,314円 (3,995円税抜き)

ボリューム ライセンスなど、上記以外のライセンスの購入に関しては販売代理店または、弊社までお問い合わせください。

開発元 ロシア連邦 Greatis Software  
開発元ホームページへ (Greatis Softwareの情報やすべての製品を見る)
ドキュメント ファイル
 
ユーザーガイドUnHackMe ユーザガイドv.2.5 (HLP) 1970/01/01 09:00:00 (Thu)
ユーザーガイドUnHackMe v3.0 ユーザガイド (HLP ZIP形式) 2006/01/22 14:19:52 (Sun)


重要: .CHMファイルは、直接開かないでください。正しく内容を参照するには、一旦ローカル ディスクにダウンロード後、開いてください。
本文がうまく表示されに場合、ダウンロードまたは展開した.CHMファイルを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択、[全般]タブ画面の最下段にある[ブロックの解除]をクリックして設定を変更後、再度.CHMファイルを開いてください。

ダウンロードユーザーのコメント
 
 
ひとことタグ
 
container_tags
 
よくある質問(FAQ)よくある質問(FAQ)
 
製品情報製品情報
 
ライセンスについて
  • UnHackMe Single License - 個人が1台のコンピュータでのみ利用する場合
  • UnHackMe Family License - 同じ家に生活する家族すべてのコンピュータで利用する場合
  • UnHackMe Business License - 商用目的、自分の利用/管理しているすべてのコンピュータで利用する場合
  • UnHackMe その他、ボリューム ライセンスについては、別途お問い合わせください。
 
製品情報製品情報
 

どのように機能するか?
Hacker Defenderの作成者のコメント:
"Hacker Defender (hxdef) は、Windows NT 4.0, Windows 2000 および Windows XPのためのルートキットです。これはまた最新のNTベースのシステムで動作します。
プログラムは、他から完全に見えません。ユーザは、ファイル、プロセス、システム サービス、システム ドライバ、レジストリ キーや値、ポート、空きディスク容量を偽ったりすることができます。プログラムは、メモリ内で変更され、見えないプロセスのハンドルを隠します。プログラムは、見えないバックドアをインストールし、見えないシステム サービスとして登録され、見えないシステム ドライバをインストールします。バックドア技術によりリダイレクタを移植することができます。

Morphine は、PEファイル暗号化のためのとてもユニークなアプリケーションです。他のPE 暗号化と違って、 Morphineの圧縮はそれ自身のPE ローダを含むことですべてのソース イメージをPEファイルの.textセクションに保存します。これはとてもパワフルです。なぜならソースファイルををお好みの圧縮(例えばUPX)で圧縮し、Morphineで暗号化して出力することができるからです。他のパワフルなことがらとして、ポリモフィック エンジン(多形型エンジンで新しいPEファイルのための絶対的に違った復号化エンジンを常に作成する機能があります。このためお気に入りのトロイの木馬がアンチ ウィルスで検出されても、Morphineで暗号化すると、ウィルス アラートで二度と見つかることはありません。

アンチウィルス ソフトウェアは、Morphineで暗号化された HackerDefenderを検出することはできません。
詳細は、McAffe description of HackerDefenderを参照してください。

 

HackerDefenerのための検出と除去ができるツールが必要です。

 

UnHackMe が助けてくれます

UnHackMe を使って、簡単にHackerDefenerやそのクローンを検出、除去することができます。

UnHackMe ユーザは、 HackerDefender がサービスやドライバをインストールすることを検出します。HackerDefender は、これらのキーをレジストリ機能の読み込みから隠しています。

レジストリ ハイブをファイルにエクスポートすることができます。エクスポート機能により、すべてのレジストリ キーと値をフィルタリングすることなくバイナリ ファイルに書き込みます。
エクスポートされたファイルからサービス リストと、現在のレジストリ キーと比較することで、サービスリストを入手することができます。これは簡単な作業でなありません。 Microsoftレジストリ バイナリ フォーマット ファイルは、明記されていないからです。しかし、このツールは、これを行えます。
隠れたキーを簡単に見つけることができます。

 

操作方法
インストールが完了したら、[スタート] メニューから [プログラム]、[UnHackMe]、[UnHackMe] の順にクリックして、プログラムを起動します。

駆除手順
1.[今すぐチェック] ボタンをクリックします。
2.トロイの木馬が検出された場合、[結果] タブにその詳細が表示されます。
3.[停止] ボタンをクリックして、コンピュータを再起動します。
4.ルートキットは、次回コンピュータを起動したときに完全に取り除かれます。
 
製品情報製品情報
 
ルートキット(rootkit)技術を使ったウィルスの例:
 
バージョン履歴情報バージョン履歴情報
 

バージョン 4.7

メジャーアップデート

  1. いくつかのBSOD問題を解決しました。
  2. Medichiルートキットを検出するための"Virus Scan" が強化されました。
  3. Partizan.sys ドライバの問題が修正されました。
UnHackMe は、すべての最新ルートキットの除去でテストされました: Rustock, Haxdoor, Hacktool, Elite Keylogger その他

分かっている問題:

Windows Vista環境ですべてのプログラムでDEPを使用している場合、UnHackme.exe およびreanimator.exeを DEPの除外リストに追加してください。

 

バージョン 3.0の新機能
  • HackTool Rootkitの検出と除去機能が追加されました。
  • Appros Adware Rootkitの検出と除去機能が追加されました。
  • マイナーな問題の修正と、安定性が高まりました。
 
分かっている問題および使用上の注意点分かっている問題および使用上の注意点
 
UnHackMeのインストール直後、"チェック!"を実行すると、システム リセットが発生し、コンピュータが再起動する問題が評価中1台のコンピュータで発生しました。
OSは、Windows XP Professional SP2ですが、他の同様の環境では発生していません。また、同じマシンでも現在問題が再現できなくなっています。
低レベルドライバの衝突が原因と考えられていますが、再現できないために原因は分かっていません。極稀に見る現象として報告しておきます。
 
レビューを書くレビューを書く
 

現在この製品に関するユーザー コメントはありません。

あなたのご意見をお待ちしています。

 

その他興味あるソフトウェア
シェアエッジ プロジェクト (c) 2004, 2017株式会社ネクステッジテクノロジーAll rights reserved.