リンク: スパイウェアノート | スパイウェアガイド スパイウェア データベース | 検出分析 | ブロックリスト

SpywareGuide powered by FaceTime Security Labs

 

 

 

企業ソリューション

企業用のソリューションとして以下の製品およびサービスがあります。

ISP/EC/ASP/Web ホスティング環境

米国FTC主催のスパイウェア ワークショップ(2004年4月)での議論をまとめた報告書(2005年3月)によると、ISPは、ユーザのトラブルシューティングにかかる時間が大幅に増加している原因の1つにスパイウェアの問題があるといっています。これはISPのコールセンターがスパイウェアをトラブルの原因であることを認識の1つとしてトレーニングされていないためです。つまり、コールセンターの技術者は、問題を調査するために、まずウィルススキャンでウィルスの有無を確認、ソフトウェアやOSをアップグレードして最新のものを提供適用、ユーザ設定の確認....と手順を追ってトラブルシューティングするが、原因が分からない。最終的にアンチスパイウェアを実行し問題を除去することができるといった状況にあるからです。スパイウェアによる被害を認識し、そのためのツールを準備しておくことがいかにコールセンターにかかる負荷を軽減できるかということが理解できると思います。

オンラインスパイウェア検出などの技術でユーザ、ユーザにソフトウェアをインストールしてもらうことなくリモートからのトラブルシューティングが可能です。

ISPモデル:
導入事例
 

2006年2月1日 CTB メディアは、自社ケーブルテレビを利用したインターネット ユーザ向けに本サービスを提供することで、以下の効果が得られることを期待しています。

  • より多くのユーザーがスパイウェアなどの新しい脅威に対応することをより効果的に喚起すること
  • セキュリティ リテラシ教育や、最新ウィルス、セキュリティ パッチ情報に加えてスパイウェアなどの新しい脅威に関する情報をユーザーに提供すること
  • ユーザーが安全にインターネットを利用できる環境を ISP が提供することで利用者との信頼関係が高まる
  • スパイウェアに起因するユーザーからの問い合わせを軽減すること
  • 会員のスパイウェア感染状況を把握すること
 

SpyRescueオンラインキャナが使用されています。

 

私たちにご相談ください。

 

 

 

無料スパイウェア オンラインスキャナ

Notice: Undefined variable: incprefix in /usr/local/apache2/htdocs/spywareguide/right_menu.php on line 9
ご意見、ご質問
SpyRescue(スパイレスキュー)
X-Cleaner,SpyRescue製品は製品の開発メンテナスを終了しました。
最近追加されたスパイウェア
[お知らせ]
X-Cleaner,SpyRescue製品は製品の開発メンテナスを終了しました。
今月の報告トップ スパイウェア